トップページ > 看護部


看護部


看護部理念

『私たちは、自分の家族に寄り添う気持ちで、よりよい看護を提供します』

基本方針

1.人間愛・家族愛の精神で、患者さん・ご家族に満足していただける看護を提供します。

2.常に患者さんの立場で人権擁護に努めます。

3.専門性を高め、質のよい看護が提供できるよう自己研鑽に努めます。


病棟概要
病棟4単位 病床数 192床

A病棟急性期治療病棟I:40床
原則3ヶ月以内の退院を目標とし、集中的な治療・看護の提供
や早期退院に向け様々な相談支援・活動に努めています。

B病棟療養・開放病棟:49床
長期入院患者さんの退院促進を図るため、自立やQOL向上に向
け様々な支援を行っています。

C病棟精神一般・閉鎖病棟:49床
主に高齢者や合併症のある患者さんへ老年期看護・身体疾患の
看護を提供しています。

D病棟精神一般・閉鎖病棟:54床
不安定な病態で長期入院を余儀なく強いられている患者さんヘ
病状の安定や自信・意欲・ADL等の向上に向けた援助を行つています。

外来
「この病院に来てよかった」と思つていただけるよう、思いやり
や温かさが伝わるような応対を心がけています。


さらに看護部では
1.経験豊富な職員が多く、その殆んどは外部講師によるBCT(基本的コミュ
 ニケーション技能訓練)を受講しており、患者さん・ご家族との対応や病
 状把握、ケア提供、信頼関係づくり、相談支援等、さまざまな場面でその
 技能を活かし、よりよい看護の提供に努めています。
2.アルコール認知行動療法においては、より専門的な研修を修了した看護師
 が、医師・作業療法士・精神保健福祉士とともにプログラムに沿つて援助
 しています。
3.職員教育は、集合教育(経年別)とOJT、全体研修、院外研修、院内看護
 研究発表会等を企画・実施し、看護の質向上に努めています。また新人教
 育にはプリセプター制度を導入しています。更に看護協会・日精看への入
 会を勧め、支部研修会等へ積極的参加を促しています。
4.看護学生の臨地実習を学生とともに学ぶ姿勢で受け入れています。
5.看護職員の募集は、その都度ハローワークヘ出しています。


勤務体制

変則3交代 日勤 8:00〜 16:30
遅出 10:00〜 18:30
準夜 15:00〜22:15(C病棟3名体制、A.B.D病棟2名体制)
深夜 22:00〜8:30(C病棟3名体制、A.B.D病棟2名体制)
*看護助手はA病棟・D病棟では夜勤なし

A病棟デイルーム A病棟個室
B病棟2人部屋 4人部屋
ナースステーション 外来ロビー

<宮崎若久病院の心得>

病院理念
患者のみなさまは、私たち職員一人一人の家族です。この気持ちで医療に奉仕します。
当院の基本方針
患者さん、家族、地域のニーズにこたえます。
患者さんの権利と関係する法を遵守します。
患者さんの一日も早い家庭、社会復帰に努力します。

サポート

■受診前のサポート
ストレス社会といわれる現在、「こころの悩み」は誰でも抱えるごく普通の事なのにお一人で抱え込んでいませんか?
当院では、適切な治療を早くお受けになれるように相談窓口を
設け、他病院との連携にも努めています。
どうぞお気軽にご相談ください。

■受診後のサポート
訪問看護にて安心して生活していけるよう日常生活のお手伝いをしています。

院内全面禁煙のお知らせ 急性期治療病棟開設

患者様へ

当月初回は必ず保険証を持参していただけますようお願い申し上げます。